忍者ブログ

からまるどっとコム

~日常とイラストと寺社巡りブログ~

【京都】銀閣寺・哲学の道・弥勒院・大豊神社

2016.11.13 京都
・銀閣寺・哲学の道・弥勒院・大豊神社

午前中は手土産を持って各両親へ結婚のご挨拶…。恙なく終え(多分)、時間も余っていたので京都駅からバスに乗り、秋の特別拝観中の銀閣寺へ!

● 銀閣寺

▼観音殿(かんのんでん)


バスに揺られて到着したのが16時過ぎ、特別拝観は終了して本堂内部は見れませんでした;京都駅からバスで30分以上かかったことが原因…しっかり調べておけばよかった(T-T)与謝蕪村の襖絵「棕櫚に叭叭鳥図(しゅろにははちょうず)」を生で見れなかったのが残念…だけど隙間から少し見れました(笑)ポスカはゲットしたけどまた機会があれば見に行きます!

▼棕櫚に叭叭鳥図ポストカード
 

銀閣寺の正式名称は東山慈照寺(とうざんじしょうじ)で、金閣寺と銀閣寺は相国寺(しょうこくじ)の山外塔頭寺院です。塔頭だったとは!

▼観音殿横の向月台(こうげつだい)
 
同行人がプリンって言ってからもうプリンにしか見えない。

▼銀沙灘(ぎんしゃだん)
 
斬新なデザイン!

▼花頭窓(かとうまど)
 
写真を撮っていると、おじさんが「窓に人が入ってまうでしょ、この襖を途中まで閉めてやるとまた綺麗で~」と親切に解説してくれました。どうしても観光客が多くて人が入ってしまうけどそれでも綺麗な窓と景色(^^)この窓の下の台は荷物置だったんだそうです。

▼東求堂(とうぐどう)

北面に六畳と四畳半の2室あり、四畳半のほうは同仁斎(どうじんさい)とよばれ草案茶室の源流「四畳半の間取りの始まり」といわれています。

▼銀閣寺形手水鉢(ちょうずばち)
 
創作型手水鉢の一種です。

▼山道頂上からの観音殿
 
石の階段をのぼり頂上へ。プリンや銀沙灘、池をぐるり見渡せます。紅葉でさらに綺麗でした!山道歩きはヒールだと地味に大変なので運動靴をオススメします;最後に書き置きの御朱印を頂き銀閣寺を後にしました。※御朱印帳持参の場合は拝観前に預けます。

▼御朱印



リンク:臨済宗相国寺派 銀閣寺
 

少し暗くなりつつあったので、銀閣寺から永観堂の夜間ライトアップを目指して哲学の道をひたすら歩きます。途中、弥勒院(みろくいん) 幸せ地蔵尊という小さなお寺があります。

▼弥勒院 幸せ地蔵尊


リンク:弥勒院 幸せ地蔵尊


哲学の道をさらに進むと大豊神社(おおとよじんじゃ)という小さな神社があります。境内にはいくつかの社があり、それぞれの神使の狛ネズミ、狛猿、狛とび、狐が鎮座する可愛い神社です。椿の木もたくさんあります。
 

若王子神社を超え、永観堂へたどり着くと長蛇の列が目に入ってきました。境内も道路も観光客でいっぱいだったので諦めて蹴上駅から四条へ(^^;)秋の南禅寺・永観堂+夜間ライトアップは大人気でした;



2016.11.17記録


拍手

PR