忍者ブログ

からまるどっとコム

~日常とイラストと寺社巡りブログ~

【兵庫】弓弦羽神社・くにくに展

2016年7月5日 兵庫県
・ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳わたしの国貞展(6/18~8/28)神戸市立博物館
・弓弦羽神社
 
● 俺たちの国芳わたしの国貞展

歌川国芳の『相馬の古内裏』が大好きでとにかく見たかったので、俺たちの国芳わたしの国貞展へ行ってきました。私が訪れた時期は、館内の作品の写真撮影が全てOKでした。(珍しい!SNSで宣伝してねってことでした)ただ、フラッシュは作品を傷めたり周囲に迷惑がかかるのでNG。スマホのフラッシュの切り方が分からず写真撮影は断念しました;

▼入口


 ▼『相馬の古内裏』団扇
 

浮世絵は作品のスケール感から勝手に大きいイメージがあったのですが、ほとんどA4くらいのサイズ。小さな画面に壮大な物語が展開しています。繊細で大胆でユニーク。可愛いしかっこいい。デザインセンスが凄い。己の語彙力の無さに辟易しますがとにかく感動しました。所々に描かれる猫も可愛くて、結構な作品数でしたが見ていて飽きませんでした。

※ 2016.9/10~12/11の間は名古屋ボストン美術館で開催されてるようです。気になる方はチェックしてみて下さい(^0^)/


ついで参りになってしまうかな~…と思いながらも、もう一つのメインだし、なかなか来れないしで、電車に飛び乗り弓弦羽神社へ移動。



弓弦羽神社

 
弓弦羽神社といえば、その名前から羽生くんのファンの聖地になった場所でもあります。絵馬も、羽生くんの応援でいっぱいで愛にあふれていました。
私がここに来たかった理由は、八咫烏デザインの御朱印帳。これが欲しかったのです!

▼初御朱印帳&御朱印


熊野とついていないのですが御祭神は根本熊野三所権現。熊野といえば八咫烏。八咫烏は道案内をしてくれる、導きの神使なので『交通安全』『必勝祈願守護』などとされています。

▼ JFAのシンボルマークは八咫烏。


弓弦羽神社の手水舎はカラス!しかも自動センサー式で人が近づくとカラスの口から水が出てきますww うーん、珍しい!笑

▼ 手水舎



▼ 社務所の屋根にも八咫烏の姿が。


駅から少し迷ったので、駅の隣にある交番で道を聞きました。ものすごく暑くて長居は出来なかったけど弓弦羽神社にお邪魔できてとても満足です。
気になる方はぜひ足をお運びになって下さい~。
あ、あと夏の神社はとにかく蚊にかまれるのでお気をつけ下さい。笑

リンク:弓弦羽神社公式サイト

阪急神戸本線「御影駅」から徒歩5分
 
(2016.10.28記録)

拍手

PR