忍者ブログ

からまるどっとコム

~日常とイラストと寺社巡りブログ~

【和歌山】高野山①

2016.10.9
・高野山 奥の院 金剛峯寺 檀上伽藍


●高野山



弘法大師・空海が開いた地、世界遺産・高野山。憧れの地へ、ようやくお邪魔することができました。
8:30 京都(中書島)から大阪(新今宮)まで出て、南海特急こうや5号に乗り、終点 極楽橋 へ…。特急を待つホームで「指定席の当日分はもう無い」とのアナウンスがありました。高野山(と九度山)、大人気。高野山へ旅行の際は事前にネット等から特急券を購入しておく方が良いかもです。幸い同行人が事前にチケット等を用意してくれていたので、特急指定席&バス&ケーブル&お昼が保証され快適にまわることが出来ました。感謝!

景色はどんどん山奥へ。この日は曇りだったせいか、白い霧?が雲のようにかかりまるで竹田城のようでした。終点に近づくと途中で列車はとまり、高野山の説明がはじまります。数駅通るんですが、全て山奥。誰かが下りる気配も無く、まさにローカル線…といった感じでした。しかし九度山駅は真田幸村効果で人にあふれ、旗と六文銭で駅が真っ赤でした(笑)

終点の極楽橋から、すぐにケーブルに乗り換え高野山駅へ。8:30スタートで、高野山駅11:30着。いやあ…遠い!!(笑)さらにそこからバスに乗り込み、急カーブを何度もぐねぐねしながら少し栄えた場所、千手院橋 駅で降りました。(酔いました;)

極楽橋から感じていましたが、寒さが違う!風が冷たくて、真冬じゃないのに白い息が…。さすが山奥。厚着をして正解でした;

奥の院口まで出てしまうと、あとはひたすら歩くのでまずは腹ごしらえ。

▼「蓮花院」で精進料理!



和歌山名物と旬のものが!全部美味しかったけど、特にごま豆腐と柿と天ぷらが美味しかったー!お肉や魚を使ってないなんて信じられないボリュームでした。

移動の疲れを癒し、お腹も満たしたのでバスに乗り込み、いざ奥の院口へ。バスからいろんなお寺が見えます。高野山はまさにお寺のテーマパーク。

▼ 奥の院口、到着!


橋を渡ると、そこからものすごい数の墓石が広がり、御廟(ごびょう)まで続きます。圧巻です。徳川家や織田信長など誰もが知る武将の立派なお墓がずらり。面白いという表現は間違ってるかもしれませんが…歴史好きにはたまらない地です。(お墓ですし写真は撮りませんでした)

▼ 高野山駅前から奥の院御廟まで


クリックで拡大します。緑の部分が奥の院口から奥の院御廟までの徒歩ルート。この図だけ見て相当ハードな山歩きを想像していましたが、道は平坦で、目当ての墓石を探しながら歩いているとあっという間にたどり着きました。

▼ 司馬遼太郎の石碑


▼ 芭蕉句碑


▼ 姿見の井戸


▼奥の院御廟へ続く橋


この先撮影禁止となります。それだけ神聖な場所なんですね。橋に足を置く瞬間、妙に緊張しました。この先のことは詳しく書くのも控えておきます。ちなみに②で書きますが御廟は弘法大師が入定した地であり本堂は別にあります。

御朱印やお守りを頂く場所は、この橋の右側にあります。

▼ 高野霊木の御朱印帳&御朱印


目的を果たし、千手院橋まで戻りました。金剛峯寺(こんごうぶじ)と檀上伽藍(だんじょうがらん)もまわったんですが、長くなるのでいったん区切ります。②へ続きます。

拍手

PR