忍者ブログ

からまるどっとコム

~日常とイラストと寺社巡りブログ~

【和歌山】高野山②

2016.10.9 和歌山
・高野山 奥の院 金剛峯寺 檀上伽藍

無事奥の院御廟でご挨拶出来たので、バスに乗りお土産売り場や飲食店で栄えている千手院橋あたりまで戻ってきました。日帰りの為、急いで次の目的地へ。
 
 
●金剛峯寺 檀上伽藍


ここで高野山について簡単な説明を少々。

高野山とは一山境内地、高野山の敷地全体が境内です。境内には金剛峯寺(こんごうぶじ)や檀上伽藍(だんじょうがらん)など多くのお寺(塔頭寺院(たっちゅうじいん)が存在します。

高野山の総本堂檀上伽藍の金堂(こんどう)であり全ての本部
・奥の院御廟(ごびょう)弘法大師がいまだ生身(いきみ)のままおわす

高野山は、弘法大師・空海が開いた真言密教の聖地です。留学していた唐から日本へむけて投げた三鈷杵(さんこしょ)が、現在の檀上伽藍の松の枝にひっかかったことでこの地を開きました。真言密教はこの身このままで仏となる「即身成仏」を説いています。弘法大師は現在の奥の院御廟に入定(にゅうじょう)しました。弟子達は、現在も毎日御廟まで食事を運んでいます。

▼三鈷杵
 

金剛峯寺でイベント?があり触らせて頂けました。けっこう重い。
▼ 金剛峯寺



靴を脱いで上がらせて頂きお庭もゆっくり楽しむことが出来ます。襖絵も美しい!新別殿でお茶とお菓子を頂けます。まったり。ぐるりとまわり、御朱印を頂いていると外に高野山のゆるキャラ?こうやくんの姿を発見!お礼を言い、すぐさまこうやくんのもとへ(笑)

▼ ポーズしてくれたこうやくん


この後、一緒に写真撮ってもらいましたww こうやくん可愛い!ちなみにこうやくんの看板なら至る所で見つけることができます(笑)

檀上伽藍へ移動します。道の途中、「六時の鐘」と「石川五右衛門が隠した鎹」を見ることができます。観光の際はチェックしてみて下さい。


▼檀上伽藍


朱色が広い敷地に広がります。奥の院や金剛峯寺とはまた違う、唐っぽい雰囲気を醸し出しています。金堂でお参りをして、御朱印を頂きました。

▼金剛峯寺と檀上伽藍の御朱印


そして、三鈷杵がひっかかったという伝説の松の木へ。立派な松の木が一本、堂々とそびえたっていました。

▼三鈷の松


松の葉は基本2本か5本にわかれるそうですが、この三鈷の松の木だけは3本にわかれています。地面にたくさん葉が落ちているんですが、実際本当にそうでした。びっくり!


檀上伽藍を後にしたのは4時30分。まだ間に合うだろうとお土産屋さんへ急いだんですが、ほとんどの店が閉まっていました;は、早い…!空いているお店へ滑り込み、ごま豆腐や梅、こうやくんグッズを購入。中でも可愛いと思ったのは手作りの起き上がりこぼしこうやくん(^^)


バスへ飛び乗りケーブルへ急ぎます。ケーブルは乗れたけど、特急は終了…。とにかく営業終了が早いですww のんび~り帰りました。1日かけて、じっくり高野山を満喫できてとても楽しかったです!気持ちのリセットにもなりました。最後にバスの時刻表をのせますのでご参考までに…(笑)

▼クリックで拡大(2016.10現在)





拍手

PR