忍者ブログ

からまるどっとコム

~日常とイラストと寺社巡りブログ~

HOWTO神社ー3.神社参拝の作法

 
 
第3回.神社参拝の作法
 
初詣などの特別な日以外での神社参拝といえばパワースポット巡りや観光が主だと思いますが
実は「買い物に行くついでに神社へ~」というついで参りは神様に対して失礼にあたります。
できれば参拝の前に身を清め心を穏やかにしてお邪魔するのが最良です。
 
 ①鳥居
 


神社に必ずある「鳥居(とりい)」は人間の住む俗界神の居わす神域の境界です。鳥居から拝殿までの道を「参道」といいます。神様の家にお邪魔するわけですから礼儀として鳥居をくぐる前に一礼します。

真ん中は神様専用の通り道なので端を歩きます。
右側を歩く場合は右足、左は左足から入ります。




②手水舎(ちょうずや)

神社でまず一番に行うことは自身を清めること。
手水舎」で手と口を清めます。

手順は・・・

①柄杓に↓の手順が出来るだけの水をためる
(龍などの口から出る水をためます)

②右手に柄杓を持ち左手を洗う

③左手に柄杓を持ち右手を洗う

④右手に柄杓を持ち左手に水をため口をゆすぐ
※柄杓に口をつけるのは衛生的にもダメです
※音をたてず軽く、飲まずに吐き出します

⑤残ったお水は、柄杓を立てて柄に水を流す

左手から洗う、左手で口をゆすぐ理由は神話にあります。神道では「左」は神聖なものとされていて重要視されています。
 
 

手や口を「ふく、ふかない」問題に関しては個人の自由かと思いますが服の裾なんかでふいちゃうと台無しになっちゃいますね;手水は水を司る龍が多いですが神社によって神使のデザインのものもあります。




③参拝
 

神殿までの道も、神前でも、参道の時と同様常に真ん中は避けます。



①神殿に到着したらまず荷物を地面に置き、服装を整えます。コートや帽子は脱ぎます。(混雑時はやめたほうがいいと思います;)

②小さく1礼

お賽銭を静かにいれます。
※遠くから投げ入れるのは良くありません。
★賽銭の額に決まりはありません。ご縁=5円、いいご縁=115円の語呂合わせや、願いが通る
の意で穴の開いた5円50円がよく使われます。

1回ならします。
★穢れを払い、神様に来たことを伝えます。

2礼→2拍手→感謝と祈り→1礼
感謝と願い(誓い)を心で伝えます。
初回は名前と住所を伝えるとなお良しです。
※作法は神社によって異なる場合があります。



なお、上記は通常の参拝のお作法です。レベル別に作法手順があります。ご挨拶がすんだらおみくじをひいたりお守りを買ったり御朱印を頂いたりします。帰る際、鳥居をくぐったら神社に向かいなおし最後に1礼をします。できるだけ寄り道せずまっすぐ帰りましょう。

 
サグジ:お願い事して叶ったらちゃんと同じ神社へお礼参りをするんやで!お稲荷さんは叶うまで通い続けるか、お礼言うて「願ほどき」するかせな呪いかけられんで~

八:お稲荷さんは激しい神様と聞きますね。実際は分かりませんけど…。お守りや御朱印の頂き方はまた後日。今回はここまでです。





拍手

PR